The Japanese Society for Neuroimmunology

recipients of awards

第26回日本神経免疫学会学術集会(2014年9月4日~6日 石川)
金沢医科大学神経内科学 松井 真


・学会賞(一名):
中根俊成(長崎川棚医療センター臨床研究部)
「抗ganglionicアセチルコリン受容体抗体陽性症例の臨床的特徴」


Young Neuroimmunologist Award(二名):
赤石哲也(東北大学神経内科)
「抗MOG抗体陽性視神経炎の臨床的特徴の解析」

高田和城(大阪大学神経内科)
「食餌成分(酵母)の腸管免疫を介した多発性硬化症病態への関与」

・ベストポスター賞(二名)
黒澤和大(東北大学神経内科)
「患者血清NMO-IgGを用いたNMOモデルラット作成の試み」

佐藤知雄(聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター)
「HAMにおけるTh1様異常T細胞の発生機構および病態への関与」


◆日本神経免疫学会研究創世賞
・最優秀賞(一名)
眞﨑勝久(九州大学神経内科)
「グリアシンシチウム破綻が脱髄の形成・進展に及ぼす影響の解析」

・優秀賞(一名)
鈴木重明(慶應義塾大学神経内科)
「抗SRP抗体の病態機序に関する基礎的研究」

※ 日本神経免疫学会研究創世賞はコスミックコーポレーション社の寄付金により運営されています。

◆CENI Best Article Award(二名)
川ノ口潤(名古屋大学神経免疫)
Jun Kawanokuchi, Hideyuki Takeuchi, Yoshifumi Sonobe, Tetsuya Mizuno, Akio Suzumura.
Interleukin-27 promotes inflammatory and neuroprotective responses in microglia.
Clin Exp Neuroimmunol 4(1) 36–45, 2013

佐野泰照(山口大学神経内科)
Yasuteru Sano, Yoko Kashiwamura, Masaaki Abe, Le-Ha Dieu, Jörg Huwyler, Fumitaka Shimizu, Hiroyo Haruki, Toshihiko Maeda, Kazuyuki Saito, Ayako Tasaki.
Stable human brain microvascular endothelial cell line retaining its barrier-specific nature independent of the passage number.
Clin Exp Neuroimmunol 4(1) 92–103, 2013

※ CENI Best Article Awardはバイオジェン・アイデック・ジャパン社の寄付金により運営されています。


◆Travel Award for ECTRIMS(二名)
サトウ ダグラス カズトシ(東北大学神経内科)
「Autoantibodies against MOG and aquaporin-4 identify distinct neuromyelitis optica spectrum disorders subgroups」

高田和城(大阪大学神経内科)
「Intestinal microflora modified by Candida kefyr reduces the susceptibility to experimental autoimmune encephalomyelitis」


◆Travel Award for PACTRIMS(二名)※2014年12月22日更新
松下拓也(九州大学神経内科)
「Genome-wide association study for multiple sclerosis and neuromyelitis optica in the Japanese population」

宋子夜(九州大学神経内科)
「Peripheral blood T cell alterations in myelitis with various causes」

※ Travel Award for PACTRIMS はバイオジェン・アイデック・ジャパン社の寄付金により運営されています。



第25回 日本神経免疫学会学術集会(2013年11月27日~29日 山口)
山口大学医学部神経内科 神田 隆


・学会賞(一名):
甲田 亨(大阪大学医学部神経内科)
「Sema4AはIFN-βの治療効果を阻害する ~EAEを用いた解析より~」


Young Neuroimmunologist Award(二名):
中村雅一(国立精神・神経センター神経研究所免疫研究部)
「再発寛解型多発性硬化症における抗IL-6受容体抗体治療の可能性」

眞﨑勝久(九州大学大学院医学系研究院神経内科学)
「脱髄性疾患におけるConnexin 43脱落は病態の急速な進行およびdistal oligodendrogliopathy型脱髄と関連する」


・ベストポスター賞(二名)
齋藤和幸(東京医科歯科大学・山口大学大学院医学系研究科神経内科学)
「血液脳関門の破綻がBickerstaff型脳幹脳炎とFisher症候群の臨床病型を決定する ~続報~」

寒川 真(近畿大学医学部神経内科)
「抗Gal-C抗体かつ他の抗糖脂質抗体も陽性であったGuillain-Barre症候群の電気生理学的検討」


◆Travel Award for ECTRIMS(二名)
甲田 亨(大阪大学神経内科)
「The efficacy of interferon-beta in experimental autoimmune encephalomyelitis (EAE) is inhibited by Sema4A: implications for IFN-beta resistance in multiple sclerosis」

佐藤眞也(九州大学神経内科)
「Copy number variation in multiple sclerosis and neuromyelitis optica: a genome-wide survey」

※ Travel Award for ECTRIMS はバイオジェン・アイデック・ジャパン社の寄付金により運営されています。

◆Travel Award for PACTRIMS(二名)
宮崎雄生(北海道医療センター)
「Effect of fingolimod on circulating B cells in patients with multiple sclerosis」

緒方英紀(九州大学神経内科)
「Combined central and peripheral demyelination: Diagnostic value of anti-neurofascin antibody and the first nationwide survey in Japan」

※ Travel Award for PACTRIMS はバイオジェン・アイデック・ジャパン社の寄付金により運営されています。