学会賞歴代受賞者
Recipients of Awards

第26回日本神経免疫学会学術集会(2014年9月4日~6日 石川)
金沢医科大学 神経内科学 松井 真

・学会賞
中根俊成(長崎川棚医療センター臨床研究部)
抗ganglionicアセチルコリン受容体抗体陽性症例の臨床的特徴

・Young Neuroimmunologist Award
赤石哲也(東北大学神経内科)
抗MOG抗体陽性視神経炎の臨床的特徴の解析

高田和城(大阪大学神経内科)
食餌成分(酵母)の腸管免疫を介した多発性硬化症病態への関与

・ベストポスター賞
黒澤和大(東北大学神経内科)
患者血清NMO-IgGを用いたNMOモデルラット作成の試み

佐藤知雄(聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター)
HAMにおけるTh1様異常T細胞の発生機構および病態への関与


 
第27回日本神経免疫学会学術集会
(2015年9月15日~16日 岐阜)
岐阜大学 大学院医学系研究科 神経内科・老年学分野 犬塚 貴

・学会賞
大木伸司(国立精神神経センター 神経研究所免疫研究部)
多発性硬化症の新規動物モデルの解析

・Young Neuroimmunologist Award
西原秀昭(山口大学 神経内科)
二次性進行型多発性硬化症患者血清には抗galectin-3抗体が存在しBBBを破綻させる

遠藤史人(名古屋大学環境医学研究所 病態神経科学分野)
アストロサイト由来TGF-β1はALSの疾患進行を規定する

・ベストポスター賞
角谷真人(防衛医科大学病院 神経・抗加齢血管内科)
当院で収集したニューロパチー連続117症例における抗Neurofascin155抗体の検討

林田翔太郎 (九州大学 神経内科)
視神経脊髄炎における長大な脊髄病巣の進展様式に関する神経画像的・神経病理学的研究



第28回日本神経免疫学会学術集会(2016年9月29日~30日 長崎)
長崎国際大学 人間社会学部・社会福祉学科 中村 龍文

・学会賞
小池春樹(名古屋大学 神経内科)
抗neurofascin155抗体陽性CIDPにおける傍絞輪部の超微形態学的検討

・Young Neuroimmunologist Award
篠田紘司(九州大学 神経内科)
3D-double inversion recovery法により明らかとなった日本人多発性硬化症における皮質病巣の意義

向野晃弘(熊本大学 神経内科)
抗ganglionicアセチルコリン受容体抗体陽性自己免疫性自律神経節障害の臨床的特徴の解析

・ベストポスター賞
鈴木智典(東京都医学総合研究所 脳発達・神経再生分野)
P2Y12受容体シグナルはミクログリアにおけるサイトカイン産生を促進する

神山邦子(東京都医学総合研究所 脳発達・神経再生分野)
自己免疫性脱髄疾患における抗MOG抗体の細胞傷害性に関する解析



第29回 日本神経免疫学会学術集会
 

・学会賞
藤井敬之(九州大学大学院 医学研究院 神経内科学)
IgG2抗Plexin D1抗体は免疫介在性神経障害性疼痛の新規バイオマーカーである

・Young Neuroimmunologist Award
崔 訳文(九州大学 大学院 医学研究院 神経内科学)
世界初の肥厚性硬膜炎動物モデル作成とTGF-βシグナルを標的とした新規治療法開発

金子仁彦(東北大学 神経内科)
抗MOG抗体陽性脱髄疾患の調査報告―国内259例の抗MOG抗体陽性例の臨床的特徴

・ベストポスター賞
宮崎雄生(北海道医療センター 臨床研究部)
フィンゴリモドは多発性硬化症においてBAFFを誘導することでtransitional B細胞を増加させる

Nicholas Sanderson(Clinical Neuroimmunology University Hospital Basel Switzerland)
Viral-antigen-capturing B cells in human blood, and their contribution to autoimmunity

小澤由希子(千葉大学大学院医学研究院 神経内科学)
抗AChR抗体陽性重症筋無力症の臨床症状と血清補体価の関係

吉川恵輔(近畿大学医学部 神経内科)
MFS、GBS、BBEにおけるグライコアレイを用いた血清学的検討



第30回 日本神経免疫学会学術集会 

・学会賞
竹下幸男(山口大学 大学院医学系研究科 神経内科学)
再発寛解型多発性硬化症における微小脳血管膜蛋白に対する標的抗原分子の同定法の確立

・優秀賞
小池春樹(名古屋大学 神経内科)
CIDPにおけるマクロファージを介した脱髄像の分布:縦断切片を用いた超微形態の定量的検討

奥野龍禎(大阪大学 大学院医学系研究科 神経内科学)
11C-酢酸PETを用いた多発性硬化症及び視神経脊髄炎脳におけるアストロサイト代謝イメージング

・Young Neuroimmunologist Award
向野晃弘(熊本大学 大学院生命科学研究部 神経内科学)
自己免疫性消化管運動障害の臨床的特徴

山下和哉(大阪大学 神経内科)
NMOSDにおける髄液ミトコンドリアDNAの自然免疫活性化機序についての検討

・ベストポスター賞
林田翔太郎(九州大学 大学院医学研究院 神経内科学)
バロー病と視神経脊髄炎の層状脱髄巣における髄鞘保持層への特異的なTMEM119陽性ミクログリアの分布

角谷真人(防衛医科大学校 神経抗加齢血管内科)
筋炎症状のない担癌患者血清における抗HMGCR抗体の検索