日本神経免疫学会

歴代受賞者
recipients of awards

第29回日本神経免疫学会学術集会(2016年9月29日~30日 長崎)

長崎国際大学 人間社会学部・社会福祉学科 中村 龍文

・学会賞(一名):

小池春樹(名古屋大学 神経内科)
「抗neurofascin155抗体陽性CIDPにおける傍絞輪部の超微形態学的検討」


Young Neuroimmunologist Award(二名):

篠田紘司(九州大学 神経内科)
「3D-double inversion recovery法により明らかとなった日本人多発性硬化症における皮質病巣の意義」

向野晃弘(熊本大学 神経内科)
「抗ganglionicアセチルコリン受容体抗体陽性自己免疫性自律神経節障害の臨床的特徴の解析」


・ベストポスター賞(二名)

鈴木智典(東京都医学総合研究所 脳発達・神経再生分野)
「P2Y12受容体シグナルはミクログリアにおけるサイトカイン産生を促進する」

神山邦子(東京都医学総合研究所 脳発達・神経再生分野)
「自己免疫性脱髄疾患における抗MOG抗体の細胞傷害性に関する解析」



◆日本神経免疫学会研究創世賞

・最優秀賞(一名)

木村公俊(京都大学 臨床神経学/国立精神・神経医療研究センター 免疫研究部)
「エクソソームによる制御性T細胞の抑制;多発性硬化症の新たな疾患メカニズム」


・優秀賞(一名)

門脇 淳(国立精神・神経医療研究センター 免疫研究部)
「Gut environment-induced intraepithelial myelin reactive T cells suppress CNS autoimmunity via LAG-3」


※ 日本神経免疫学会研究創世賞はコスミックコーポレーション社の寄付金により運営されています。


◆CENI Best Article Award(二名)

  • 臨床部門:

磯部紀子(九州大学 神経内科)
Noriko Isobe, et al. Distinct features of immunoglobulin G2 aquaporin-4 antibody carriers with neuromyelitis optica. Clin Exp Neuroimmunol 6: 154–158, 2015

  • 基礎部門:

堀内 浩(名古屋大学 環境医学研究所)
Hiroshi Horiuchi, et al. Oligomeric amyloid β facilitates microglial excitotoxicity by upregulating tumor necrosis factor-α and downregulating excitatory amino acid transporter 2 in astrocytes. Clin Exp Neuroimmunol 6: 183-190, 2015


※ CENI Best Article Awardはバイオジェン・アイデック・ジャパン社の寄付金により運営されています。


◆Travel Award for ECTRIMS(二名)

中村優理(九州大学 神経内科)
「Differences in brain MRI features between Japanese and Caucasian patients with multiple sclerosis」

篠田紘司(九州大学 神経内科)
「Detection of cortical lesions by 3D-double inversion recovery imaging in Japanese patients with multiple sclerosis and neuromyelitis optica spectrum disorder」

Travel Award for ECTRIMS はバイオジェン・アイデック・ジャパン社の寄付金により運営されています。

 


◆Travel Award for PACTRIMS(二名)

金子仁彦(東北大学 神経内科)
「Cytokine/chemokine profile in MOG-Ab+ disorder」

グザリアイ・ママティジャン(九州大学 神経内科)
「Distinct repertoires of CD4 and CD8 T cells in multiple sclerosis patients with and without deletion-type copy number variations」


※ Travel Award for PACTRIMS はバイオジェン・アイデック・ジャパン社の寄付金により運営されています。




第27回日本神経免疫学会学術集会(2015年9月15日~16日 岐阜)

岐阜大学大学院医学系研究科 神経内科・老年学分野 犬塚 貴

・学会賞(一名):

大木伸司(国立精神神経センター 神経研究所免疫研究部)
「多発性硬化症の新規動物モデルの解析」


Young Neuroimmunologist Award(二名):

西原秀昭(山口大学 神経内科)
「二次性進行型多発性硬化症患者血清には抗galectin-3抗体が存在しBBBを破綻させる」

遠藤史人(名古屋大学環境医学研究所 病態神経科学分野)
「アストロサイト由来TGF-β1はALSの疾患進行を規定する」


・ベストポスター賞(二名)

角谷真人(防衛医科大学病院 神経・抗加齢血管内科)
「当院で収集したニューロパチー連続117症例における抗Neurofascin155抗体の検討」

林田翔太郎 (九州大学 神経内科)
「視神経脊髄炎における長大な脊髄病巣の進展様式に関する神経画像的・神経病理学的研究」



◆日本神経免疫学会研究創世賞

・最優秀賞(一名)

竹下幸男(山口大学 神経内科)
「視神経脊髄炎患者の自己抗体が血液脳関門および炎症細胞浸潤に与える影響」


・優秀賞(一名)

中島一郎(東北大学 神経内科)
「中枢神経炎症性脱髄疾患における抗MOG抗体の臨床的意義の解析」


※ 日本神経免疫学会研究創世賞はコスミックコーポレーション社の寄付金により運営されています。


◆CENI Best Article Award(二名)

  • 臨床部門:

新野正明(北海道医療センター 神経内科)
Masaaki Niino, et al. Association of cognitive impairment with magnetic resonance imaging findings and social activities in patients with multiple sclerosis. Clin Exp Neuroimmunol 5(3) 328–335, 2014

  • 基礎部門:

荒畑 創(大牟田病院 神経内科)
Hajime Arahata, et al. Early inhibition of tumor necrosis factor-α and interleukin-6 in muscle tissue as a therapy for dystrophinopathy in mdx mice. Clin Exp Neuroimmunol 5(3) 371–377, 2014


※ CENI Best Article Awardはバイオジェン・アイデック・ジャパン社の寄付金により運営されています。


◆Travel Award for ECTRIMS(二名)

枡田大生(千葉大学 神経内科)
「Difference in recovery from optic neuritis between neuromyelitis optica and multiple sclerosis patients」

眞﨑勝久(九州大学 神経内科)
「Extensive loss of astrocytic monocarboxylate transporter 4 in active lesions of multiple sclerosis and neuromyelitis optica」

Travel Award for ECTRIMS はバイオジェン・アイデック・ジャパン社の寄付金により運営されています。

 


◆Travel Award for PACTRIMS(二名)

松下拓也(九州大学 神経内科)
「Genome-wide association study (GWAS) for clinical phenotypes of multiple
sclerosis in the Japanese」

中村優理(九州大学 神経内科)
「Differences and similarities in brain MRI features between Japanese and Caucasian patients with multiple sclerosis and their impact on disability progression」


※ Travel Award for PACTRIMS はバイオジェン・アイデック・ジャパン社の寄付金により運営されています。




第26回日本神経免疫学会学術集会(2014年9月4日~6日 石川)
金沢医科大学神経内科学 松井 真


・学会賞(一名):
中根俊成(長崎川棚医療センター臨床研究部)
「抗ganglionicアセチルコリン受容体抗体陽性症例の臨床的特徴」


Young Neuroimmunologist Award(二名):
赤石哲也(東北大学神経内科)
「抗MOG抗体陽性視神経炎の臨床的特徴の解析」

高田和城(大阪大学神経内科)
「食餌成分(酵母)の腸管免疫を介した多発性硬化症病態への関与」

・ベストポスター賞(二名)
黒澤和大(東北大学神経内科)
「患者血清NMO-IgGを用いたNMOモデルラット作成の試み」

佐藤知雄(聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター)
「HAMにおけるTh1様異常T細胞の発生機構および病態への関与」


◆日本神経免疫学会研究創世賞
・最優秀賞(一名)
眞﨑勝久(九州大学神経内科)
「グリアシンシチウム破綻が脱髄の形成・進展に及ぼす影響の解析」

・優秀賞(一名)
鈴木重明(慶應義塾大学神経内科)
「抗SRP抗体の病態機序に関する基礎的研究」

※ 日本神経免疫学会研究創世賞はコスミックコーポレーション社の寄付金により運営されています。

◆CENI Best Article Award(二名)
川ノ口潤(名古屋大学神経免疫)
Jun Kawanokuchi, Hideyuki Takeuchi, Yoshifumi Sonobe, Tetsuya Mizuno, Akio Suzumura.
Interleukin-27 promotes inflammatory and neuroprotective responses in microglia.
Clin Exp Neuroimmunol 4(1) 36–45, 2013

佐野泰照(山口大学神経内科)
Yasuteru Sano, Yoko Kashiwamura, Masaaki Abe, Le-Ha Dieu, Jörg Huwyler, Fumitaka Shimizu, Hiroyo Haruki, Toshihiko Maeda, Kazuyuki Saito, Ayako Tasaki.
Stable human brain microvascular endothelial cell line retaining its barrier-specific nature independent of the passage number.
Clin Exp Neuroimmunol 4(1) 92–103, 2013

※ CENI Best Article Awardはバイオジェン・アイデック・ジャパン社の寄付金により運営されています。


◆Travel Award for ECTRIMS(二名)
サトウ ダグラス カズトシ(東北大学神経内科)
「Autoantibodies against MOG and aquaporin-4 identify distinct neuromyelitis optica spectrum disorders subgroups」

高田和城(大阪大学神経内科)
「Intestinal microflora modified by Candida kefyr reduces the susceptibility to experimental autoimmune encephalomyelitis」


◆Travel Award for PACTRIMS(二名)※2014年12月22日更新
松下拓也(九州大学神経内科)
「Genome-wide association study for multiple sclerosis and neuromyelitis optica in the Japanese population」

宋子夜(九州大学神経内科)
「Peripheral blood T cell alterations in myelitis with various causes」

※ Travel Award for PACTRIMS はバイオジェン・アイデック・ジャパン社の寄付金により運営されています。



第25回 日本神経免疫学会学術集会(2013年11月27日~29日 山口)
山口大学医学部神経内科 神田 隆


・学会賞(一名):
甲田 亨(大阪大学医学部神経内科)
「Sema4AはIFN-βの治療効果を阻害する ~EAEを用いた解析より~」


Young Neuroimmunologist Award(二名):
中村雅一(国立精神・神経センター神経研究所免疫研究部)
「再発寛解型多発性硬化症における抗IL-6受容体抗体治療の可能性」

眞﨑勝久(九州大学大学院医学系研究院神経内科学)
「脱髄性疾患におけるConnexin 43脱落は病態の急速な進行およびdistal oligodendrogliopathy型脱髄と関連する」


・ベストポスター賞(二名)
齋藤和幸(東京医科歯科大学・山口大学大学院医学系研究科神経内科学)
「血液脳関門の破綻がBickerstaff型脳幹脳炎とFisher症候群の臨床病型を決定する ~続報~」

寒川 真(近畿大学医学部神経内科)
「抗Gal-C抗体かつ他の抗糖脂質抗体も陽性であったGuillain-Barre症候群の電気生理学的検討」


◆Travel Award for ECTRIMS(二名)
甲田 亨(大阪大学神経内科)
「The efficacy of interferon-beta in experimental autoimmune encephalomyelitis (EAE) is inhibited by Sema4A: implications for IFN-beta resistance in multiple sclerosis」

佐藤眞也(九州大学神経内科)
「Copy number variation in multiple sclerosis and neuromyelitis optica: a genome-wide survey」

※ Travel Award for ECTRIMS はバイオジェン・アイデック・ジャパン社の寄付金により運営されています。

◆Travel Award for PACTRIMS(二名)
宮崎雄生(北海道医療センター)
「Effect of fingolimod on circulating B cells in patients with multiple sclerosis」

緒方英紀(九州大学神経内科)
「Combined central and peripheral demyelination: Diagnostic value of anti-neurofascin antibody and the first nationwide survey in Japan」

※ Travel Award for PACTRIMS はバイオジェン・アイデック・ジャパン社の寄付金により運営されています。